サインアップすると、Teknekの最新ニュースとオファーが配信されます

ご登録いただきありがとうございます。

サインアップすると、Teknekの最新ニュースとオファーが配信されます

Back to all stories
Technology
19/05/2017

スペースプログラム向けのTeknek技術

テクニカルディレクターのシェイラ・ハミルトンは、2017年5月10~12日に欧州宇宙機構で開催された第8回宇宙関連電子素材およびプロセス (EMPS) ワークショップにおいて主要な論文を発表しました。

EMPSワークショップは、信頼性の高いエレクトロニクス部品の組み立て製造に関するもので、アセンブリ、地上ベースでの試験条件、長期保管場所、また発射装置や宇宙飛行環境に必要とされる条件への耐性が焦点となりました。

Teknekは不良率ゼロのパイオニアとして長い歴史を誇り、当社の科学者たちは、プロセス改善における深い知識を国際会議において広く共有しています。

Teknekの科学者たちは高い資格と経験に加え、50年以上にわたる豊富な実績を有し、不良率削減に向けた新技術の開発、製品とプロセスに関する計測と分析を行っています。Teknekの研究施設とTeknekアカデミーの両施設は最先端の技術を誇り、自社製品および他社製品についての詳細な試験データの収集を行っています。

学術論文をお読みになるにはリンクをクリックしてください(Article)。