サインアップすると、Teknekの最新ニュースとオファーが配信されます

ご登録いただきありがとうございます。

サインアップすると、Teknekの最新ニュースとオファーが配信されます

Back to all stories
Events
14/11/2017

テクワイプとローラードクター

Productronicaは、世界の主要展示会の1つです。2年に一度ミュンヘンで開催されるこの展示会には、世界有数のエレクトロニクス企業が集い、業界全体を網羅する画期的な技術を用いたソリューションと製品を披露します。

 

Teknekはドイツのミュンヘンで行われるProductronica展(2017年11月14~17日)にてヨーロッパ電子部品市場向けの新製品を発表します。

 

市場の期待に応え、SMT 2017 (20.20) が初公開されます。この製品には、低静電環境で完全なクリーニングを可能にする新しい革新技術が満載されています。

 

SMT 2017 (20.20)

 

この人気商品の最新版です。主な開発内容にはTeknekのコアテクノロジーが踏襲されています。  この装置には、特許取得済みの最新のG2 Nanocleen™ 20.20クリーニングローラーおよび新しいARLS 粘着テープが使用されています。

 

ARLSは、Teknek設計/製造の粘着テープ製品の中で最新の製品です。基本素材の開発および粘着テープコーティングの組成変更により、伝導性のある粒子を増やすことなく製品の伝導性が向上しました。

 

軽量のG2 Nanocleen™シリコンフリーG2ローラーをすべての新しい ARLS(Adhesive Roll Low Static)と組み合わせることで、低静電(<100 ボルト)環境かつ低加圧で1µm未満のクリーニング性能を発揮します。

この新しいインライン・クリーナーは、ますます重視されているANSI/ESD s20.20に準拠しています。

 

008004などの小型部品や60µm未満のトラックの採用により小さな粒子が大きな問題となっている今、小型化はSMTの重要な要素となっており、この分野でもTeknekは先頭に立っています。

 SMT 2017

Stephen Mitchell取締役は次のように述べています。「低静電環境で50ナノメートルという小さい粒子を除去するためには、大量の開発リソースが必要でした。このようなイノベーションがTeknekを動かしています。  SMT 2017は片面・両面クリーニングを可能にし、40mmまでの広範な幅を処理できます。これにより、本製品は電子部品組み立て用の最も柔軟かつ強力なインライン工程クリーナーとなっています。これは、欠陥品の探知から欠陥品の排除へと移行する当社の取り組みの重要な一部です。」

 

Teknekチームは2017年11月14~17日、ドイツのミュンヘンのブースA2- 429で、ANSI/ESD s20.20に準拠した新しい装置および粘着テープなど、最新のコンタクトクリーニング装置および粘着テープを展示し、皆様のお越しをお待ちしております。