サインアップすると、Teknekの最新ニュースとオファーが配信されます

ご登録いただきありがとうございます。

サインアップすると、Teknekの最新ニュースとオファーが配信されます

Teknekについて

Teknekは30年以上にわたって、コンタクトクリーニング装置の研究、開発、生産、保守に取り組み、異物問題に対するソリューション提供に専念しています。

当社はこの技術の発明元として技術革新とサービスに努め、この分野をリードしています。

お客様の生産プロセスでの欠陥ゼロ達成。それがTeknekの目標です。

 


私たちの専門家

ステファン・ミッチェル(Stephen Mitchell)-マネージング・ディレクター

37年に及ぶキャリアを誇るミッチェルは、豊富な経験の持ち主です。彼は計測、工業用レーザー、ファクトリーオートメーション、バイオセンサーなどの分野について専門的な知識を有し、業界内に常にインパクトを与えるトップリーダーとして確固たる地位を築きました。ベストプラクティスと最先端の技術を重んじる彼は、革新と優れた実用性を融合させると同時に、戦略的目標が確実に達成されるようにするなど、最前線で皆を率いています。 

仕事上の実績に加え、ミッチェルは経営学修士号 (MBA) と物理学、化学の優等学位を有しており、彼曰く、学問の追求は彼の技術への情熱をさらに燃え上がらせました。彼がこれらの分野に関わる仕事をするようになるのは、必然的であったと言っても過言ではないでしょう。

彼は2006年にTeknekのマネージング・ディレクターに任命され、当社の全体的な構想や方向性の決定に関わっています。その方向性とは、製造・組立工程の生産性向上において業界の一歩先を行くというものです。

また、Teknekにおける彼の大きな実績の一つに、Illinois Tool Worksとの2011年の統合が挙げられます。 ITWグループは米フォーチュン誌の500社番付にも名を連ねる数十億ドル規模の企業です。ミッチェルは円滑な交渉に大きく貢献しました。

当社のマネージング・ディレクターとして自身を奮い立たせるものは何か?と問われた彼は、「Teknekはインパクトのある製品を作っており、欠陥を低減させ、それによって、高い費用対効果を実現した。そのことが、材料の消費量削減に貢献している。変化をもたらせること、そして世界有数の企業と関わりながら有能でクリエイティブな人々と共に働けること、これ以上のことはない」と答えています。

ミッチェルの原動力は知識、革新、高付加価値といったTeknekの理念です。とりわけ、これらの理念は世界規模への広がり、優れた実用性、技術的優位性といった目標を現実のものにすることへと導いており、当社は常に時代の先を行くことができるのです。

 

 

Steve Michell 

シーラ・ハミルトン(Sheila Hamilton)-テクニカル・ディレクター

ハミルトンは1987年からTeknekに勤務し、テクニカル・ディレクターの役職に就いています。ハミルトンは研究開発と製品設計の側面から当社を最前線で支えています。彼女はストラスクライド大学で経営学修士(MBA)、グラスゴー大学で機械工学の理学士号 (BSc) を取得しています。

彼女はTeknek入社前は、ヨット用品の会社の製品デザイナーや発電所のエンジニアなどの職に就いていました。ハミルトンは業界でも国際的に名を知られ、ホルスト・センター、フラウンホーファー研究機構、AIMCALをはじめとする数多くの研究機関でTeknekの代表を務めています。彼女は講演活動のために世界中を飛び回り、各地で微粒子の制御に関する研究の成果を発表しています。

当社での職務に加え、ハミルトンは「Clean4Yield」のメンバーであり、作業班のリーダーでした。このプロジェクトは欧州とイスラエルの産学関係者が一丸となって、費用対効果の高い製造を実現するための高生産性の確保という、有機エレクトロニクスにおける最も切迫した課題の一つに対処するものです。 興味深いことに、プロジェクト名にある「4」という数字は当て字であるだけではなく、検出、除去、予防、修理という4つの段階を表しています。

ハミルトンは生産性を向上させる技術を確実に製品に反映させるべく、現代の製造・組立プロセスと常に歩調を合わせながら限界に挑戦し続けています。

 Sheila

ロイ・キャノン(Roy Cannon)-シニア・プロダクトマネジャー

キャノンは元々、技術指導者の資格を1983年に取っていましたが、その後キャリア転換し、1986年にTeknekに入社しました。

Teknekでは、アプリケーション・マネジャーや設計チームのリーダーなどを務めてから、シニア・プロダクトマネジャーの役職に就きました。PCB 製品群の開発に寄与するために入社し、専門はプリント基板 (PCB) の分野ですが、今やそこだけに留まる存在ではありません。

彼は過去10年間に多様な幅のウェブの製造プロセスの専門家として国際的にも高評価を獲得し、クリーニングコアとウェブの専門分野で彼の助言は重視されています。

Teknekの成長と国際的な顧客の広がりとともに、キャノンは欧州、米国だけでなく、アジア全土を飛び回り、当社製品の拡販やトレーニングを行い、市場や顧客に関する最新の情報と見識を当社にもたらしてきました。

彼のチームは常に顧客のことを念頭に置き、今日業界トップを走る製品の製造、開発や改良に携わっています。彼は学際的な能力を駆使し、適切な技術情報とトレーニングを提供しながら、当社の顧客に最高の製品群を届けるために日々の業務に取り組んでいます。

 Roy

ハンター・パターソン(Hunter Paterson)-シニア・プロダクトマネジャー

30年以上の経験を有するパターソンは1989年にTeknekに入社し、自動車部門で整備士としてキャリアをスタートさせました。生産・製造部門とテクニカルサービスの両方で働いた経験を持つ彼は、10年以上前からシニア・プロダクトマネジャーの職に就いています。

パターソンはTeknekのシニア・プロダクトマネジャーとして、新しい機械や消耗品の企画、開発、発売に携わる一方で、古い製品の更新を行い、業界最高水準の製品を供給するため、部門の枠を超えて尽力しています。

彼は入社当時、Teknekのテクニカルサービス・ワールドワイドの設立に貢献し、顧客と製品に関して現在に至るまでいかに進歩し続けているかを示しました。当社は顧客に対し、製品についての技術情報や部品などのサポートを行っています。

当社では、最高の製品を作り出す上で、サポートや販売後のサービスが製品自体の性能の高さと同じくらい重要であると考えています。業界の専門家が集結して、最新の技術と革新を駆使できるTeknekは、情熱と活気に満ちた空気があります。

Hunter 

 

Scroll Top